老化とコラーゲンの関係とは?

美肌効果も健康効果も期待できるコラーゲンは、当然老化防止にも効果が期待できますから、コラーゲンの生成量が極端に減ってくる40代以降の人は、積極的に摂ることをおススメします。

女性ならいつまでも若々しくキレイでいたいのが普通です。そのため金銭的に余裕のある人はクリニックなどに通って定期的に注射を打ってもらったりしています。

「え~っ!?あの年でどうしてあんなにキレイなの?」と、驚くほどキレイな女優さんもいますが、極端に若々しくキレイな女優さんはコラーゲンの注射を打っている人が多いです。

一般庶民には、金銭的になかなか真似ができませんが、コラーゲンを多く含む食品を心がけて摂ったり、不足分をコラーゲンの健康食品やサプリメント補って、肌も体も老化を少しでも遅らせるのは可能です。

また、コラーゲンの生成量は加齢とともに減りますが、また、加齢で新陳代謝が衰えると古いコラーゲンが排出されずに体内に残るようになりますが、古いコラーゲンを排出するのは新しいコラーゲンです。

体内に残った古いコラーゲンは、血管の壁の柔軟性を失ったり、動脈硬化の引き金になるほか、体の各部分を老化させてしまいます。

通常は加齢と共に減るはずのコラーゲンが、加齢と共に結合組織のコラーゲンの量が増えるのは、排出されずに残ったコラーゲンのためです。

美肌効果ばかりでなく、体の老化を防ぐのがコラーゲンです。美容と健康のためにも、また、体の老化を防ぐためにも、毎日新鮮なコラーゲンを体内に摂る入れることをおススメします。