コラーゲンドリンクは、どれがいい? > コラーゲンについて > 医療・医薬で活用されるコラーゲン

医療・医薬で活用されるコラーゲン

コラーゲンは、化粧品や健康食品やサプリメントなどにも使われていて、多くの人が日常的に使用して、美容と健康に役立たせています。

しかし、コラーゲンはそれだけでなく、医療の現場でも使われたり医薬品として販売されています。

医療の現場では、やけどの治療薬として使われるほか、コラーゲンを使用した抜糸が必要のない手術用の糸などにも使われています。

薬のカプセルや注射の薬にも使われていますし、酵素安定剤や栄養の補給剤としても使われています。患者さんに処方する薬にもコラーゲンが多く使われています。

また、近年話題になり注目されている、iPS細胞などの再生医療にもコラーゲンが使われています。

ips細胞の研究では慶應義塾大学の研究部員が、脳と体をつなぐ中枢神経の脊髄を傷つけたマウスを使った実験で、マウスの運動機能が劇的に良くなったと言う研究結果を報告しています。

このips細胞の研究が進むことで、将来パーキンソン病の治療他、心臓病の治療や角膜移植の治療、あるいは新薬の開発の分野での応用にも大きく期待されています。

さらにこの研究が進むことで期待されるのは、人間が年をとらず、永遠に若く健康で美しいままでいられる夢も、そんなに遠い時代でもないかもしれないことです。

内科医でもコラーゲンの薬を処方していますが、近年は女性向けのコラーゲン配合の医薬部外品の栄養ドリンクが販売されています。

疲れた時の栄養ドリンクとしても活用されますが、疲れた時は同時に肌の状態も悪くなるほか良く眠れなくなったりしますから、そんな女性のためのコラーゲン配合の栄養ドリンクが増えています。